zariganyのブログ

趣味のキャンプやトレッキング、珍しい焼酎などについて書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島トレック ~九州最高峰を目指せ!~ その弐

IMG_0581.jpg
花之江河から暫く行くと投石平へ。ここもかなりの絶景ポイント。
ここまでのトレイルは樹林帯を歩く感じですが、ここから先は屋久島の核心部。
IMG_0586.jpg
よく雑誌で見る巨石と緑のトレイルへ。
IMG_0596.jpg
ここを歩くことをどんなに楽しみにしていたことか^^
この日は少し体調が悪く、皆さんについて行くのがやっとだったのですが、この景色の中、そんなことも忘れて二ヤニヤしながら歩いていたような気がします。
IMG_0598.jpg
この辺りまで来るとアップダウンも少なく楽ちん。思ったほど他の登山者も多くなく屋久島を堪能でしました。
そうこうしていると、もうそこには九州最高峰の宮之浦岳が。
IMG_0604.jpg
山頂前にはこれまた一度は見ておきたかった屋久島のモアイ像。
巨石のオブジェはたまにありえない形を見せ、登山者を楽しませてくれます。

手前のニセピーク(笑)くりお岳に一杯食わされましたが・・・
IMG_0619.jpg
九州最高峰の宮之浦岳ゲット^^
最高の天気の時に登れて感無量!
IMG_0626.jpg
九州で最も高いところで食べるラーメンは最高でした!
IMG_0622.jpg
荒々しい永田岳や
IMG_0611.jpg
昨年は反対側の太鼓岩から眺めた翁岳
IMG_0617.jpg
縄文杉へと続くトレイルを眺めながら最高の時間・・・
(あの途中でビバークしてみたい^^)
小一時間もすると続々とグループが登ってこられたので、私たちは残念がら下山の時間です。
ここから淀川の小屋に戻り、夕方には今夜の宿泊先のロッジへ。
安房の飲み屋さんで飲んで語って楽しいひと時でした。
ハードな縦走テン泊もいいですが、最後の一泊、風呂に入って居酒屋で一杯やって布団で寝る・・・結構おススメです(笑)

最終日は山歩きはやめ観光三昧。
DSC_0037_20111128222137.jpg
千尋の滝
DSC_0052_20111128222236.jpg
モッチョム岳(んん~。ここは登ってみたいぞ!)
などを見ながらレンタカーで島一周。
ま、屋久島の観光地と呼ばれるところはすべて回ったような・・・

ちょっと雑なレポになってしまいましたが、こんな感じの最高の屋久島トレックとなりましたとさ(笑)

-----------------------------------------

さてさて、先週は鹿児島に出張した際に、チーム薩摩の忘年会に参加してきました。
鹿児島を離れて一年ちょっと経ちますが、その間にメンバーも増え、更に楽しい集まりになっておりました。

今後とも皆さんよろしくお願いします。ぜひ、次回は「現場」ででしょうか?w

・・・私もたまにはファミキャンしたいなぁ~w

スポンサーサイト

屋久島トレック ~九州最高峰を目指せ!~ その壱

IMG_0597.jpg
11/12~14の話。
昨年と全く同じ時期に2度目の屋久島トレックを敢行しました。
前回はぱるさんと二人でしたが、今回は隊長!!さんを加え3人で九州最高峰の宮之浦岳を目指しました。
天気予報では3日とも晴れの予報。期待は膨らみます。
4時に熊本を出発し7時には、ぱるさんと久々の再開を果たし高速船に乗り込みます。
DSC_0005_20111115220510.jpg
しかし、船内のアナウンスでは「現在の屋久島の天気は小雨・・・」
どんよりとした天気の中、上陸しました。

この日の行程は白谷雲水峡を歩いた後、淀川の登山口に移動し淀川小屋で宴会宿泊の予定。
DSC_0030_20111115221107.jpg
ご覧のように苔の森はガスがかかって、この天気が逆にいい雰囲気を演出してくれます。
DSC_0017_20111115221245.jpg

DSC_0013_20111115221432.jpg
湿度も高く、私たちには多少キツイ条件ですが苔たちは生き生きしてるように感じます。

レンタカーで淀川登山口に着いたのが16時前。
小屋まで約1時間の道のりです。暗くなる前に着くよう身支度をサッサと整え小屋を目指します。
IMG_0538.jpg
小屋までにも名もなき巨木が多数。
雲水峡を3時間ほど歩いた疲労からか、小屋まで結構長く感じました。
小屋には私たち以外は3名のご宿泊。テン場にテントが一張り。
オンシーズンでは考えられない快適な小屋泊が出来そうです。
IMG_0541.jpg
寝る準備を整えたら早速コレW
やっぱこの一杯があるからやめられません(笑)
IMG_0543.jpg
ビールの後は去年と同じ泊酒店で仕入れたコイツ。屋久島の天然水で割って飲むからか雰囲気がそうさせるのか分りませんが、いつも飲んでる三岳とはひと味もふた味も違うような気が。
山談義も尽きることなく盛り上がるオッサン達。
もうしばらく飲みたい感じでしたが、他の登山客の迷惑ならないよう20時ころには就寝しました。
一緒に宿泊した登山客のいびきで寝れなかった方もいらっしゃったようですが、私は耳栓のお陰で熟睡。小屋泊では必需品ですよ。
--------------------------------------------------
翌朝は7時に小屋を出発して、待ちに待った九州最高峰にアタックです!
IMG_0554.jpg
暫く行くとトーフ岩が印象的な高盤岳がお出迎え。
やっぱ食パンに見えるなぁ~。ここから先は杉ではなく花崗岩と緑の山のコントラストが見所になってきます。
IMG_0561.jpg
小花之江河でトーフ岩に別れを告げ
IMG_0564.jpg
花之江河で黒味岳とご対面。シカの親子もマッタリとしていました。
昨年はここまでしかこれなかったので、これから先は未知の世界。

って、ことで続きます。

 | HOME | 

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。