zariganyのブログ

趣味のキャンプやトレッキング、珍しい焼酎などについて書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三俣山三峰トレック&山焼肉

IMG_1130.jpg
先週末に三俣山トレックに行ってきました。
宿泊地はもちろん坊がつる。山に登って焼肉で一杯!って魂胆です^^
IMG_1101.jpg
今回も吉部から入り10時頃には坊がつるに到着。初めての一番乗りでした。
まずは設営し身軽になって、三俣山を目指します。
IMG_1106.jpg IMG_1108.jpg IMG_1111.jpg
スガモリから西→南→本と三つのピークを踏みましたが、あいにくの天候でビールをで乾杯した後はそそくさと下山。
IMG_1118.jpg
温泉の後は、メインイベントの山焼肉。Iさんいつもスイマセン^^;
今回も最高の宴会でしたよ!
IMG_1121.jpg
この日は昼ごろから小雨。
でも、先日購入したヒルの10ULのお陰で快適な宴会場となりました。
このタープ、収納時は凄く小さくなるので山にはベストチョイスでした。
この後も二回目の温泉を楽しみ、12時頃までダラダラと飲み続け幕体に当たる雨音を聞きながらの就寝。
IMG_1134.jpg
翌朝は目覚めたときは良い天気でしたが、その後曇り。
乾燥撤収は無理と判断し早めの下山。お昼には吉部へ到着。
ま、天気が悪かったですが、十分楽しい週末でした。

以上、超簡単レポで失礼しました(笑)

MACPAC Cascade65

FxCam_1347086617974.jpg
ひょんなことからザックを新調することに。
さすがMACPAC作りがしっかりしてそうです。
これまでのザックより重くなりましたが背負ってみると良い感じ^^うまく背中の重量が腰に分散される感じです。
今年の屋久島縦走はコイツで^^

坊がつるトレックキャンプ&歌瀬父子友キャンプ

まずは7月28日~29日の話。
数日前にふと「坊がつるいきてぇ」と思い、早速Iさんにメール。
速攻で「行く行く!」との返信。
で、ミヤマ鑑賞トレック以来の坊がつるへ。
IMG_1007.jpg
梅雨末期は雨ばかりでストレス溜まりまくりでしたんで、気持ち良かったですよ~。
今回は雨ヶ池経由で坊がつるへ。設営後、ひと山登りますかぁって感じ。
IMG_1008.jpg
でも、その前にコレ。悪魔的生ビールW
やっぱ滝汗のあとのこの生ビールは最高!
IMG_1009.jpg
坊に設営した後は、まだ登ったことがない白口岳へ。
法華院裏から鉾立峠経由で山頂を目指します。ちなみに中岳と稲星の鞍部から法華院へ下る登山道は例の豪雨により一部消失しており、今のところ通れないそうです。
IMG_1011.jpg
ここからこの急登を行くかと思うと気が萎えましたが、せっかくここまで来たので・・・
途中、夕立に会いズブ濡れ泥だらけになりながらなんとか山頂へ。
IMG_1012.jpg
カッパを着ててもパンツまでびっしょり(笑)
この後の温泉が気持ち良かったこと。これだから坊がつるは良いですよね~
温泉の後はメインイベントの山宴会。
IMG_1016.jpg
夕立が続く中、山焼肉!
今回のIさんに担いで来てもらいました^^;(Iさんありがとう)
山焼肉サイコーでしたよ~。お陰で少し飲みすぎちゃいました。
IMG_1022.jpg
うす暗くなるころには夕立もあがり、快適快適。
途中、2回目の温泉を挟んで12時くらいまで飲んでましたかね。
ホントに楽しくて、ここ暫く続いた激務のストレス発散が出来ました。
IMG_1025.jpg
翌日はピーカン!テントも乾燥撤収。
IMG_1034.jpg
大好きな北千里経由で長者原まで戻りました。
また今月末には悪魔的ビールを飲みに行きたいと思います。
-----------------------------------------------------
その翌週は
IMG_1039.jpg
歌瀬で父子友キャンプ。長男が受験生のためファミキャンは今年は無理そうで・・・
下の子の夏の思い出作りです(笑)
この日もIさん、Wさんとご一緒させてもらいました。Iさんも父子友キャン。Wさんはソロ。
ま、3人ともホントは夜の宴会がメインなんですけどね^^
IMG_1042.jpg
この日はバンガロー下のテントサイトへ。
ここは車の乗り入れは出来ませんが、夕方は早めに影が出来るので真夏は良いですね。
IMG_1041.jpg
結構、風がありましたし日影はホントに快適。
ビールも進みますわ(笑)
子供たちはプールに行ったり遊具で遊んだり。6年生にもなると手がかからなくて良いですね~。
IMG_1050.jpg
親父用の寝床を設営して、子供たちにご飯を食べさせたら親父は宴会、子供は花火。
IMG_1058.jpg
ま、こんな感じで2週連続遊んでました(笑)

ミヤマ鑑賞トレックへ

9.jpg
(平治岳南峰から本峰のテラスを望む)
6/2-6/3で念願の平治岳ミヤマキリシマ鑑賞トレックに出かけました。
去年もその前も計画はたてましたが、天気が悪くキャンセル。
今年やっと実現の運びとなりました。
今回ご一緒いただいたのは、IKEさん父子、VeckyさんF、Iさん、わっき~さん。
総勢9名で吉部登山口から午前6時トレック開始。
吉部から入り、大船林道を暫く歩き鳴子橋手前から平治の西側をトラバースして坊がつるからのルートと合流する分岐で荷物をデポして平治を目指しました。
8.jpg
暫く急登を行くと大戸越に出ますが、それから暫く登って振り返った所の写真・・・
素晴らし景色でした。このピンクの絨毯を見たかったんですよね~!
天気が少々悪かったですが、それでも十分見応えがあります^^
時間が早かったので渋滞もなくゆっくり楽しめました。やはりこの時期は早朝に出発しないといけませんね~。
untitled.jpg
山頂は風が強く寒かったですがやはりここは、花見で一杯(笑)
17_20120605232942.jpg
十分堪能した後は、坊がつるへ11時には降下。
IMG_0971.jpg
その後はジュンペイさんとこのカレーパーティーに参加させていただいたり、温泉行ったりしてるともう夕方。
で、今回の酒の肴は山すき焼き!
すき焼き鍋と食材を担いできてくれたIさんにホント感謝!
疲れた体に甘辛いすき焼きがしみわたりましたよ~。また、山スキやりたいですね~。
IMG_0983.jpg
話は変わりますがこの日使用したのはシャングリラ1。(写真は翌日のもの)
なかなか使用機会がなかったので、なんとか張りたかったんですがやっと実現しました。
しかし、予想以上の風雨のため本気で吉部まで別のテントを取りに行こうかと思いましたよ(笑)
車にはもう一個テントを積んでたんです・・・
IMG_0984.jpg
だって、フロアレス(爆)
ま、最悪の場合はIさんのテントに避難させていただくことにして、雨の中シャン1で寝る決意を・・・www
22時ころまで起きてましたが、雨風も相変わらず。
でも、なんとか浸水もなく割と快適な睡眠をとることが出来ました。
-------------------------------------
翌日はガスってましたが大船山で開山祭があるということで8時にトレック開始。
さすがに大勢の登山客が登られてました。登りもくだりも数珠繋ぎです(爆)
133.jpg
ちなみに山頂はこんな感じ(笑)
記念のペナントもらってボチボチ下山。
坊がつるに降りてくるとシャン1の写真のようにピーカンでございました。
IMG_0996.jpg
帰りは暮雨の滝コースへ。キレイな水でリフレッシュして吉部まで1時間ちょっと。

今回は初日の天気がもうひとつでしたが、ご一緒していただいた皆さんのお陰でとても楽しいトレックとなりました。是非、またご一緒してくださいね~。
Iさん・・・また、がんばって担いでくれるかな(笑)

*今回IKEさんからたくさんの写真を提供していただきました。
ありがとうございました!

阿蘇高岳&中岳へ

DSC_0061.jpg
5/19のハナシ。
熊本に住んでながら、ほとんど阿蘇山に登ったことがない私。
そのうちって思いながらなかなか機会がなかったのですが、やっと行ってきました阿蘇高岳&中岳トレッキング。
今回もいつもお世話になりっぱなしのI氏とご一緒しました。
ルートは仙酔峡~仙酔尾根(バカ尾根)~高岳山頂~東峰~中岳というルートです。
DSC_0002_20120523190127.jpg
出発地点の仙酔峡はミヤマキリシマが満開に近いということで花見客&登山客で大賑わい。
昼前には駐車場に入りきれず大渋滞しておりました。
DSC_0013_20120523190252.jpg
鷲ヶ峰を見ながら8時スタート。
ここから1時間半程度、歩きにくい溶岩の登山道の直登が続きます。
体重の増加と日頃の運動不足のせいかバカ尾根に取りつくとすぐに息が上がりI氏に全くついて行けません(汗
IMG_3961.jpg
超バテバテの私w
私感では北千里から久住分れまでの直登が延々、1時間半続くような感じ。
ホントにバテました。
DSC_0023_20120523190922.jpg
I氏は楽勝^^ 「あれが中岳ばい!」
DSC_0037_20120524210807.jpg
ま、なんとか高岳山頂。
360度視界が開けていて眺望抜群!
DSC_0058_20120524211026.jpg
高岳東峰を踏んだ後は、高岳との中間くらいにある天狗の舞台で昼食。
そこからの眺めがトップの写真なわけです。
DSC_0065_20120524211328.jpg
山頂での一服がたまらんわけですw
天狗の舞台でマッタリした後は、月見小屋経由で中岳へ。
DSC_0074.jpg
中岳へ続くトレイル。めっちゃ気持ち良い!
DSC_0092_20120524211711.jpg
中岳山頂からは砂千里もこの眺め。
いや。ここは一度歩いてみたい。なんか無機質の月の世界を感じます。次回は是非、砂千里から登ってみたいですね~。
DSC_0098_20120524211938.jpg
中岳山頂から火口経由のコースは立ち入り禁止のロープがありますが、それはロープウェイが不通になって、ガスの観測をする人がいなくなったためだそうです。
風向きを見ながら自己責任で侵入しましょう。

ま、今回10数年ぶりの阿蘇登山でしたが非常に楽しかったです。久住にばかり行ってましたが阿蘇・・・良いですよ~。次はミヤマ鑑賞で久住の予定ですが、阿蘇五岳・・・今年中には登りたいです。

«  | HOME |  »

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。